卵管造影をした周期はゴールデン周期と呼ばれて、
妊娠しやすいという噂がある。

年齢も結婚年数も、けっこういっているので、タイミング法は試さず、
いきなり人工授精から始めることにした。

費用は人工授精が17,000円くらい、
前後の診察・注射などを合計しても、1周期20,000円ちょっと。
これくらいなら出せない金額ではない。

働いていると一番気になるのが、病院のスケジュール。
私が行っていた病院は朝10:00から、途中休憩があり、最終受付は18:30。

人工授精をする周期の通院は、だいたい以下のような感じ
・(生理から)7日目: 排卵誘発剤の飲み薬をもらう。私の場合はセキソビット
・11~13日目くらいに1~2回: エコー。卵子の大きさを確認。人工授精の前であればHCG注射
・14日目くらい(排卵日): 人工授精
・16日目くらい: HCG注射
・18日目くらい: HCG注射

注射やエコーだけの日は、会社が終わってから病院へ。
人工授精当日は、会社はお休みか半休することにした。

日程は、1~2日前にしかわからないので、
「明日やりましょう」と言われることもあり、
会社の都合をつけるのが大変なときもあった。

夫は、人工授精当日に自宅採精。
月に1度、この日だけは、なんとか仕事の都合をつけてもらった。
出張なんかと重なると、どうしても無理なので、その周期は諦めたこともあった。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする